感染症を放置しておくと大変なことになりますのでミノサイクリンで今すぐ治療を開始しましょう。

  • ホーム
  • 感染症は誰しも罹る可能性がある

感染症は誰しも罹る可能性がある

病原体

誰でも罹る可能性がある感染症のひとつに、「新型インフルエンザ等の感染症」があります。
とても有名な感染症の一つで、誰でもこの言葉を知っているのではないでしょうか。

インフルエンザウイルスは飛沫感染で、ヒトの鼻咽頭で増殖したものがまた、ヒトからヒトへの感染すると言われています。
気温がさがり、空気が乾燥してくる時期に流行してくるもので、毎年流行に注意などがされています。

しかし、このウイルスには予防薬があり、インフルエンザの予防接種を受けることにより、罹ったとしても重症化しなかったり、罹りずらかったりすることがあるようです。
小さな子どもと高齢者は重症化しやすいと言われていて、予防接種を2回受けるなど、様々な対策がされています。

またインフルエンザを予防する事は、予防接種を受けることだけではなく、部屋の乾燥をさける為、加湿器等で湿度をあげる、人が多い場所ではマスクをつける、手洗いうがいをしっかりとする、など自分でできる対策も沢山存在するのです。

誰でも罹る可能性がある感染症にかかりずらくするためにも、まず個人個人がウイルスに罹る可能性があることを認識し、出来るだけの対策をし、流行をさけていきたいものであります。

関連記事