感染症を放置しておくと大変なことになりますのでミノサイクリンで今すぐ治療を開始しましょう。

  • ホーム
  • テトラサイクリン系の抗生物質とは

テトラサイクリン系の抗生物質とは

ウイルス

テトラサイクリン系抗生物質の説明をしたいと思います。
この物質は一群の広域スペクトラム抗生物質の総称です。
その歴史は1948年に原型となりますクロルテトラサイクリンがある種の放射菌から発見されました。
薬剤耐性の出現によってその有用性は低下していますが、テトラサイクリンの抗菌スペクトラムは抗菌薬で最も広い部類に属していて、抗菌藥では特に安価であります。
このテトラサイクリンは安価でスペクトラムが広いので、感染症の予防に家畜の飼料に混入されていることあるのですが、有用な抗生物質の耐性菌が蔓延する原因になっています。
日本ではこのテトラサイクリン系抗生物質がこの場合に認可されています。

このテトラサイクリンを使用する上で注意することは、肝障害と腎障害の悪化に注意する必要があり、重症筋無力症の筋力低下を悪化させてしまったり、全身性エリテマトーデスを悪化させる可能性があります。
他には頻度は高くないが、副作用の注意もあります。
最も注意が必要なのがk、光過敏性のアレルギー反応で、紫外線の照射によって日焼けをするリスクが高まってしまいます。
なお、カルシウム、マグネシウム、アルミニウム等とは相互作用があり、薬効作用が低下してしまいます。

関連記事
サイト内検索