感染症を放置しておくと大変なことになりますのでミノサイクリンで今すぐ治療を開始しましょう。

白い錠剤と瓶

ミノマイシンとミノマイシンのジェネリック医薬品の主成分は、ミノサイクリンであり、テトラサイクリン系の抗生物質となります。
ニキビ治療や淋病、クラミジアなどの性病治療に、幅広く使用されています。
ミノサイクリンは、テトラサイクリン系抗生剤の中でも、第一選択となることが多い薬です。
ミノサイクリンを主成分とした薬は、1回1錠(または1カプセル)を、1日2回服用するだけで済みます。
1日4回服用する必要のある、他のテトラサイクリン系抗生物質よりも、患者への負担が少ないことから、第一選択されるというわけです。
ミノサイクリンは、特許期限がすでに切れているために、複数の商標名でジェネリック医薬品が販売されています。

ミノマイシンジェネリックを個人輸入で買うこともできるため、薬を買う費用はかなりお得な値段で購入することも可能です。
個人輸入は医師の診察を受けず処方箋無しで薬を買うことができる反面、薬の使用は自己責任になってしまうため、自分に合うかどうか使い方には注意が必要です。
一度使ったことがある薬であれば安心できますし、ネット注文できる個人輸入は費用も安く抑えられるため、継続的に利用している人もいます。
ただし、個人輸入の通販サイトはいくつかありますが商品が偽物であったり、商品が届かないということが起きないよう信頼できるサイトを選びましょう。

服用時の注意点としては、牛乳や乳製品と一緒に飲むと、この薬の吸収が悪くなりますので注意しましょう。
通常、3日~4日飲めば、効果があらわれてきます。
クラミジア感染症の治療の場合には、効果が実感できたとしても、原則として2週間は服用してください。
自己判断で服用を中止することは厳禁です。
性病クラミジアが完治したかどうかを判断するには、最低でも投薬完了後3週間以降に、クラミジア菌検出検査を行って、性病クラミジアの陰性化がなされたかどうかを、みなければいけません。

また、性病クラミジアは、ピンポン感染が多い性感染症となりますので、治療の際には、パートナーと二人で治療することが必要となります。
放っておくと体内で細菌が増殖してしまい、気づかないままパートナーへうつすことになってしまいます。

クラリスロマイシンは殺菌効果のある薬でクラミジアに効果的です。
症状に合わせてミノサイクリン以外の薬も検討することも大切です。
ミノサイクリンの副作用としては、軽い頭痛やめまいを感じる方が多くいらっしゃいます。
また、人によっては、胃の不快感や吐き気を催す場合があります。
重篤な副作用は、ほとんど報告されてはいませんが、ひどい症状が続く場合には、医師に相談することをおすすめします。

記事一覧

感染症にかかると、感染した部位に炎症を起こしたり、発疹やただれなどを作り、痒みや痛みを伴うことがあり...

セックスで感染をする病気の中に、淋病という性行為感染症があります。 この淋病に感染すると尿道にムズム...

ミノサイクリンとクラビットは同じ抗菌剤で、効能に大きな違いはありませんが、副作用が大きく異なっている...

性病の症状が出て病院を受診し、検査の結果で淋病と診断され、ミノサイクリンという抗生物質を処方されるこ...

性行為は体と体を密着させるだけでなく、感染に対して脆弱な粘膜を互いに晒し合い、体液を接触させあう行為...

ウイルス

テトラサイクリン系抗生物質の説明をしたいと思います。 この物質は一群の広域スペクトラム抗生物質の総称...

病原体

誰でも罹る可能性がある感染症のひとつに、「新型インフルエンザ等の感染症」があります。 とても有名な感...

白い錠剤

ミノサイクリンは製品名ミノマイシンとして知られています。 他にジェネリック医薬品もいろいろな製薬会社...

病原体

性病の1つに淋病という病気があり、原因は淋菌という菌です。 男女ともに発症する病気ですが性病だからと...